十二指腸がんとは

十二指腸がんは、発症率の少ない消化器官のがんといわれています

十二指腸は胃と腸をつなぐ消化器官で、胃から受け取った食べたものを更に消化しながら小腸へ渡していきます。この十二指腸に発症する十二指腸がんは、消化器官のがんの中でも、発症率の少ないがんといわれています。発症率が少ない分、発症原因がなかなか特定できない病状で、発症者の80%は良性腫瘍から十二指腸がんへ進行していきます。発症初期の段階では自覚症状がなく、進行するにしたがって腹痛や吐き気、嘔吐などの症状が出てきます。また、ダイエットをしていないにもかかわらず体重が減少していったり、貧血の症状が出ることがあります。初期症状がわからず、進行した後で気づくために、他の症状が併発して起こる場合もあります。家族性大腸線腫症という疾患は、高い頻度で十二指腸がんを発症しているといわれています。

進行してからでないと気が付きにくい症状です

十二指腸がんの診断は、内視鏡検査にて行います。まずは内視鏡を使って組織を採取し、病理診断をします。疑わしい場合には、CTやMRIによる検査を受診し、場所や大きさを特定します。乳頭部がんや膵がんと十二指腸がんの区別が難しく、鑑別が必要になる場合があります。この症例の治療方法は、進行度合いによって異なります。早期の段階では、内視鏡による粘膜切除手術を施します。腫瘍部分を、スネアという輪の形状の器具で引っかけて切除します。やや進行すると、開腹による十二指腸の摘出手術が一般的です。進行度合いが高く、がんの浸潤が筋肉の層、もしくはそれよりも深い場合には胃の切除を行います。完全に腫瘍部分が取りきれない場合もあり、抗がん剤治療と並行して行う事で完治を目指します。

ピックアップ

原因と治療方法

大腸がんは、近年、日本人に多く見られるガンです。食事の変化によって、大腸がんが発症するリスクは増えているといえます。大腸がんは、早期に発見して治療を行えば、確実に治すことができます。よって、病院での検査が大切といえます。

詳細を読む

初めての

大腸がんなどの検査をするとなると訪れる所が肛門科になります。しかし検査をするに当たって腸内洗浄という事で下剤の服用がありますので、検査を受けるだけでも一苦労です。しかし腸の状態を知る事はとても大切でありますので、ぜひ受けるべきです。

詳細を読む

大腸炎は大変

潰瘍性大腸炎は大腸炎の中でも、発症してしまうと結構体力的に厳しい所があり、早期発見早期治療がとても大切であります。病状と検査で発見する事が可能ですが、内視鏡検査を確実に行なう事になります。

詳細を読む

オススメリンク