大腸炎は大変

潰瘍性大腸炎の症状等について

潰瘍性大腸炎とは、その名の通りに大腸炎の一種になります。大腸の粘膜が炎症を起こして、潰瘍が出来るという疾患です。基本的には、20〜30代の比較的若い人が多く発症します。しかし年配者は発症しないというわけではなく、50〜60代で発症する人もいます。潰瘍性大腸炎は、従来は欧米人に多いとされる疾患でした。しかし近年の食事の欧米化等に伴って、日本人の患者数も増加傾向にあります。潰瘍性大腸炎の症状としては、腹痛や下痢、血便等が代表的です。症状が進行すると、体重減少や発熱といった症状が出る場合があります。また、潰瘍性大腸炎はいったん治ったと思っても、数カ月後もしくは数年後に再び症状が悪化する場合もあるという特徴があります。そのため、病院で徹底的に治療する事が大切です。

具体的な治療方法等について

潰瘍性大腸炎の治療方法は、重症度によって異なります。そのため、まずは細かな検査を受けて、自分の病状をしっかり把握する事が重要です。具体的な検査方法としては、内視鏡検査や血液検査があります。特に内視鏡検査は必須の検査になります。検査で病状の把握が出来たら、実際の治療に入ります。治療方法は薬物療法を行なう事が多いです。ステロイド薬等が用いられます。薬物療法で効果が出ない場合や、症状が重い場合等には、手術という方法も検討されます。外科的処置で、大腸を摘出するという内容になります。治療にかかる費用は治療内容等で異なるので、一概には言えないです。ただ、潰瘍性大腸炎は特定疾患に指定されているので、国に申請すると補助が受けられる場合があります。