原因と治療方法

発症する主な要因とは

がん患者で、男女合わせて一番多いのが大腸がんといわれています。近頃では、日本において大腸がんにかかる人が急増している傾向にあります。なぜ大腸がんが増えているかというと、食生活の変化が主な要因です。日本人は、以前までは穀類や野菜中心の和食を食べていました。ですが、昨今では肉などの動物性脂肪の多い食事を摂る方が増えています。そのような食事は日本人の体質に合わず、ガンを引き起こしやすいです。 大腸がんの初期の症状としては、出血、便が細い、便秘・下痢を繰り返す、貧血などがあります。上記の症状に一個でも該当すると、大腸ガンの危険性が高いです。大腸がんは早期に発見すれば、完治が可能です。しかし、進行すると肝臓や肺への転移が見られ、完治率は大幅に下がります。なので、定期的な検査で、早期に発見することが重要です。

主な治療の方法とは何か

大腸がんの主な治療法は、基本的に悪い腫瘍を取る外科手術が行われます。可能な限り早期に、腸にできた腫瘍を手術で切り取っていきます。ですが、手術で除去できない場合は、抗がん剤を投与する化学療法、放射線療法が行われます。患者の状態や、がんの進行度によって、これらの治療法を組み合わせていきます。 その他の大腸がんの治療法としては、フコイダン療法が注目されています。これは、免疫力の活性に効果が高いフコイダンを摂取する治療法です。フコイダンは、わかめなどの海藻類に入っている成分です。フコイダンは、ガンのさまざまな症状に効果が期待できると評判です。ガンの進行を抑えたり、痛みを緩和する効果があるので、非常に注目されています。